邦ロック好きゆるおたの行く先は

邦ロック好きゆるおたの日々思った事をメモしてます

amazarashi Live Tour 2017 #メッセージボトル 参戦しました!!ので軽くレポ

どもども~しやまんです。

 

いやーーーー!!行ってきましたよ Live Tour 2017 !!!

たまんないねたまんないね。

 

前段は良いとして、ライブレポなど早速。

17:00開場 18:00開演 だけど、15:30には現地入りして物販にてキーホルダーとラババン購入!!

本当はアーティストのためにもTシャツとか少し高価な物買うべきなんだけど…今月ライブ入れすぎて金欠ですすみませんorz

 

やっぱりこう、パンクとかラウドロックのライブに慣れてると、荒々しい人たちがいないと少しさびしい…笑

 

番号後ろの方だったので、右後ろ入場口付近で立ち見してました。

 

ライブの感想を書こうと思いますが、ツアーのライブなので「メッセージボトルのツアー見に行く!!情報は見たくない!!」っていう人は以降読まないでね。

 

 

……

 

 

 

まず、ライブ全体の感想として。

こんなに泣けんのamazarashiのライブ!?!?!?

家で聞いてる時もうるっとしたこともあったけど、ライブだと本当に泣きそうになる。

もう三十路の男が涙堪えてましたよ。

鼻すすってましたよ。

 

ライブ振り返ってみると、初っ端のポエジー、ヒーローで俺もうやられました。

 

CD音源と違う、ライブだからこそ伝わってくる感情がありました。

声だけじゃなく、演奏も。

感情の込め方がすごすぎて、思わず「うおっ」っと声が出ましたよ。

前の記事にも書きましたが、曲の中で伝えたい詞の入れ所が絶妙というのもあります。

が、CDでは込め切れない声の力強さ、演奏者の感情の起伏を伝えるのが上手い…。

っていうか映像ずるい!w

 

4曲目かな?タクシードライバーではもう涙をこらえるのに必死でした。

 

その後もベストのツアーということで、名曲が演奏されます。

自分が一番心を打たれたのは、「後期衝動」から「季節は次々死んでいく」。

後期衝動はもう一言一言が突き刺さったよ。

amazarashi自身が感じてきた事が直接歌詞になってんじゃないかと思うくらい力強い。

「APOLOGIES」の有料会員ではないから曲解説は見ていないけど、恐らく自身の経験かな…。

誰だおまえは!!早く歌えよ!! これをあれだけ力強く歌われたら心にささるよねー。

涙目になったあと、追い打ちで「季節は次々死んでいく」。

もう俺の心はボロボロです(良い意味で)

 

その状態で「夏を待っていました」から「ひろ」、「しらふ」て…。

もう俺を泣かしにかかってきているとしか思えない。

 

ラスト前で、新曲「たられば」やりましたね。

もーーーーー本当になんて歌詞書くんだ秋田ひろむさんは。

~~~だったら、~~~~していれば。誰もが思う事を率直に歌詞に入れただけなのに、どんだけ考えてんだ。

ここれもちょろっと涙出ましたよ。

CD買うっきゃないよ。

 

ラストは「命にふさわしい」。

「心さえ、心さえ、心さえ、なかったなら」。たまんないね。

ニーアのコラボ曲だけど、なんだろう。SF感もあるんだけど、amazarashiらしい…現実感?泥臭さ?人らしさ? なんて言ったらいいかわかんないけど、そういうのがすごい出てるよね…。

もうね、心打たれまくりですよ。

 

メンバー全員去った後、1曲、流れました。

持っているアルバム/シングルの曲の中にないもので、聞いたこと無かったけど良い曲だったなぁ。

本当に終わるんだなぁって思える曲。

 ※どなたか曲名教えて!!w

アンコールないの!?ってなったけどwww

 

 

と、いうところで終了。

車で帰ってきて、しばらく余韻に浸って今にいたると。

 

 今の世の中、パンクでもメタルでもなくあんだけエモく歌えるバンドは無い。

どこかの音楽情報誌(音楽情報サイト?)でも書かれていたけど、今のJ-POP/バンドの歌詞が本当に薄く感じる。

曲も声も力強く、演奏もそこらへんのバンドには負けないんじゃないかなぁ。

そしてやっぱり映像ずるいっ!w

 

今回のツアーはもう行けないのだけど、次回、別なツアーもしくはフェスなどで出演したときは必ず見に行きます。

パンクでもメタルでもなくあんだけエモく歌えるバンドは無いよ。

曲を聞いた事があっても、CDじゃ伝わらない感情がライブにはありました。

見たことない人は絶対見てほしいなぁ。

 

 

youtu.be